サッカースパイクを履いた時のくるぶしを確認

サッカーをプレイする際に最大限パフォーマンスを発揮する為に重要な事、それは自身の足にしっかりとフィットしているサッカースパイクを選ぶ事です。合わないサッカースパイクを履いていると違和感を感じずにはいられないものですし、特に痛みを感じるような履き心地ですとプレイにも影響してしまいます。

kuru1
快適に履けるサッカースパイクを選び出す為の購入前のチェックポイントがありますが、それはくるぶしへの干渉具合を確認してみる事です。サッカースパイクの形や足のサイズによってはくるぶし部分が強く擦れてしまい、それによって痛みを感じてしまう事もあります。その為、購入する際にはくるぶし部分の締め付け具合などもよくチェックしてみる事が大切と言えます。また、試し履きをする際には単に履いてみるだけでなく軽く走ってみるなど、実際の動きを取り入れて確認するのが基本です。
しかしながら試し履きの際には特に問題が無い場合でも、後から痛みが出てくる事もあります。やはり長く履いてみない事には分からない事もありますので、しばらくしてから痛みが出るようなケースもあるのですが、そういった時の対象方法も解説してみます。
まずくるぶしが痛い場合、しばらく我慢して履いてみるのも良いかもしれません。サッカースパイクを買ったばかりの場合ですと、素材にも硬さがありますので、くるぶし部分も痛くなり易いケースもあるのです。しばらく履いて馴染ませる事によって、素材が柔らかくなり履き心地が良くなる事もありますので、すぐに妥協しない方が良いと言えます。
かかと部分を底上げをしてくるぶしが当たり難くするのも一つの対処法です。特定の部分にくるぶしが当たる事によって痛みが出ている可能性もありますが、底上げをしてくるぶしが当たる位置を変えてあげる事によって痛みが出難くなる事もあるのです。そこ上げをする為には中敷きを入れるのが簡単ですが、100円ショップでも購入する事ができますので、コストも掛けずにトライできるのではないでしょうか。
慣れるまでの間、サポーターで巻いておくのも有効と言えます。足を物理的にガードすれば確実に痛みの軽減になるかと思われますので試してみるのもおすすめです。
他にもスパイクを揉み解すのも良いかもしれません。素材を柔らかくすれば履き心地も違ったものになりますので、購入した後にすぐに履くのではなく、しばらく揉んで素材を馴染ませてから利用する方法もあります。